鉛フリーはんだ製造・販売メーカーは大阪の石川金属株式会社

石川金属株式会社

TÜV RHEINLAND認定

Management System
ISO 9001:2008
ISO 14001:2004

  • 大阪府堺市西区築港浜寺西町7-21
  • TEL:072-268-1155 FAX:072-268-1159
  • info@ishikawa-metal.com

会社沿革

会社沿革

大正7年 石川實がはんだ、ホワイトメタルの製造に携わり技術の修得につとめる。
昭和10年 個人企業石川金属工業所を創立。
昭和21年 戦後、大阪市浪速区恵美須町にて事業を再開。
昭和27年 事業の進展に応じ、株式会社石川金属工業所に改組。
昭和30年 ホワイトメタルに関して通産省より日本工業規格(JIS)表示許可工場の指定を受ける。
昭和34年 はんだに関して通産省より日本工業規格(JIS)表示許可工場の指定を受ける。
昭和42年 やに入りはんだに関して通産省より日本工業規格(JIS)表示許可工場の指定を受ける。
昭和51年 代表取締役に石川徹が就任。
昭和53年 堺機械金属団地協同組合に参加し、公害解消、生産性向上を期して現在地に移転。
石川金属株式会社と社名を変更。
昭和55年 MIL規格認定を防衛庁より受ける。
昭和58年 先端技術分野の展開にともなう産業界のニーズを受け精密電子部品用の飛散防止はんだ「スーパーロヂンGX」を開発。
昭和59年 母材の多様化に対応した活性剤入りはんだ「ステクロン」を開発。
昭和60年 進展しつつある表面実装技術のニーズに対応してソルダペースト「ソルディム」を開発。
昭和62年 スーパーロヂンGXの技術をもとに、よりフラックスの飛散やはんだボールの発生が少ないRMAタイプのスーパーロヂンGXMおよびスーパーロヂンGXRを 開発。
昭和63年 SMTにおけるソルダペースト印刷の自動認識に対応した「ソルディムカラー」を開発。
平成3年 窒素炉ならびに大気リフロー炉対応、またチップ立ち防止型のRMAソルダペーストを開発。
平成4年 フラックス超低飛散性やに入りはんだTT53を開発。耐ヒートショックはんだの開発特許出願。
平成5年 光ビーム加熱対応ソルダペーストの米国特許取得。
平成7年 やに入りはんだ「スーパーロヂンGXM」「ステクロンRA」およびソルダペースト「ソルディム878」の米国国家規格(ANSI/J-STD)を取得。フラックスの飛散、残渣のワレ、熱だれ防止やに入りはんだ「タフロック」開発特許出願。
平成8年 鉛フリーはんだ開発特許出願。
平成11年 ISO9001認証取得。
平成12年 アルミコイルはんだ付け用アルミはんだ「アルマックス」開発特許出願。
平成14年 KIX テクノセンター 完成
中国無錫工場を設立
平成15年 ISO14001認証取得。
銅喰われ防止鉛フリーはんだ特許出願。
高作業性、低飛散鉛フリーやに入りはんだ「SPM」特許出願。
平成19年 こて喰われ防止型鉛フリーやに入りはんだ「Eシリーズ」特許出願。
平成20年 活性制御型鉛フリーソルダペースト「8900」特許出願。
平成22年 代表取締役に石川寛が就任。
平成23年 残渣クラック防止、高信頼性鉛フリーやに入りはんだ「DDL」「DDH」を株式会社デンソー様と共同開発、特許出願。

ページトップへ